欝と戦って元気な自分を取り戻そう|早めの治療が大切

2人の女医

自己との向き合い方

シニア女性

性格と病気の境目

欝になることはうつ病患者でなくても、皆少なからず経験することです。体調が良い時があれば、悪い時もあるように心の調子も良い時があれば悪い時もあります。欝になることが悪いことではないのです。むしろまた頑張っていこうと思える為の良い期間だったりします。ただ、それがあまりにも長く続くと病気になってしまいます。自分では、どこからが病気でどこまでが自分の性格なのかがわからなかったりします。そこで、しっかりと病院での治療を受ける必要があります。病院では、まずカウンセリングを行います。カウンセリングを行うことで、鬱が自分の性格とどこまで関係しているのか、病気なのかがわかるようになります。自分の発言や行動などを思い返していくと、いつからが病気だったかが段々わかるようになります。自分が嫌われたり否定されることを強く怖がったり、誰にも見放されたくないという偏った考え方をしてしまいがちです。その考え方は、カウンセリングを行うことで徐々に改善していくことも出来ますが、欝治療の最先端と言われる光トポグラフィー治療が使われます。光トポグラフィー治療は装置を頭に取り付けて、大脳の一部に刺激を与えながら質問に答えていくという治療法です。

最先端治療

欝の最先端治療として光トポグラフィー検査が使われているのは、脳の状態を唯一数字で表すことが出来るからです。従来では、うつ病の診断には問診だけ使われてきました。当てはまるような症状があれば、うつ病だと仮定して治療を進めていきます。うつ病は、問診だけでは診断が難しい脳の病気です。そこで光トポグラフィー検査を行うことで、大脳皮質の血中のヘモグロビンの数値を測って分析し画像化して診断しやすくします。体に害のない光を使うので、負担もなく安全性が高い治療法であると言われています。うつ病は、脳の病気であり心の問題です。その為、患者本人がどれだけ辛いかわからないものです。口でどれだけ説明しても、症状を細かく説明するのは難しいです。また、患者自身自分にどんな症状があって、自分の性格なのか病気なのか判断するのは不可能なことだったりします。それを目に見えるようにした治療法が光トポグラフィーです。うつ病だと診断されたが、診断に納得いかない人や本当にうつ病なのか疑わしい時にもはっきりとさせることが出来ます。治療を続けていくことで、行っている治療が効果があるのかどうか症状の進行や回復の判断材料にもなるので重宝されています。

再発防止に必要なこと

男性

欝病は再発を防ぐためにもストレスを生活の中からなるべく排除できるようにすることです。薬物治療を続けながら、調子の良い時は人と会う機会を設けたり何か新しい趣味を持つことも、症状の改善や回復に有効的です。

View Detail

心の風邪を引いた場合には

相談

欝になった場合には、医師の指示を守り治療を受け続けることが大切です。また、欝の回復には良くなったり悪くなったりを繰り返すものだと理解しておくことが重要です。欝に対する理解を深めることは、症状の早期改善に繋がります。

View Detail

受診の目安と仕事

男性医師

欝になっている時は判断力が落ちて、大事な決断でも安易に行ってしまうことがあります。自分の症状の程度を確認するためには、自分が出来る作業量を基準にチェックするようにします。欝の症状があるうちは、退職や転職は安易にせずに一旦休職してから復職するほうが良い場合があります。

View Detail

病気の治療と改善

頭を抱える男性

欝は最初は休息を取って薬による治療が大切ですが、最終的に服薬治療を終えられるように食生活や運動も行い生活環境を正していきます。青魚を中心とした食事や自律神経を整える水泳やヨガ、ジョギングなどの有酸素運動が特に大切です。

View Detail